38歳 いちご鼻の原因を解明できず、黒ずみは、洗浄力の問題?


-38歳-洗顔を選ぶポイント

お肌のうるおいを残しながら、しっかり汚れを落とすことができるということ。

いちご鼻ができる理由は?私は、まだ・・・

「いちご鼻」は、名前こそ可愛いものの、鼻がデコボコのブツブツ状態なんて、実際には少しも可愛くありませんよね。

毛穴につまった角栓が薄汚れて見えるいちご鼻は、顔の一番目立つところにあるので、できてしまったら本当にどうにかならなものかと悩んでしまいます。

鏡を見るたびに悲しくなりますし、人と会うのも憂鬱になってしまいます。

指やツメで無理やり押し出しても、お肌が傷んでもっとみっともないことになりかねませんし、うまく押し出せたとしても、なぜか繰り返しできてしまうので、すぐに元の木阿弥です。

それにしても、いちご鼻になりやすい人となりにくい人がいますが、その違いはなんなのでしょうか?

もともとの肌質なのか、ケアの方法の違いなのか、お肌が傷んでしまっているからなのか。

なんとなく、乾燥や余分な皮脂分泌のせいではないかと想像していますが、ハッキリとした理由が知りたいです。

理由さえわかれば、具体的な対策方法がわかるのではないかと思います。

毛穴の黒ずみができるのは、洗浄力が弱いから?という誤解

毛穴の黒ずみができるのは、最初は洗顔のときに使用する洗顔料や石けんなどの洗浄力が弱いせいではないかと思っていました。

でも、お肌がつっぱるほどの強めの洗顔料を使ってみたり、しっかりダブル洗顔をしたりしても、毛穴が黒ずんでしまうときがあります。

つまりは、洗い方の問題ではなく、お肌の状態に原因があるのではないかと思います。

そもそも健康なお肌であれば、毛穴が必要以上に開いていないので、少しくらい汚れていても目立たないのですよね。

毛穴が開くほどの角栓がつまっているから、そこに汚れが付着して毛穴が黒ずんでいくのでしょう。

ですから、まずは角栓がつまらないようなお肌のコンディション作りが必要になるのですが、その方法はいまいちよくわかっていません。

お肌を清潔に保って、たっぷり保湿をして、油分でふたをして蒸発を防ぐ、という基本のケアをいくらしていても毛穴が黒ずんでしまう場合は、いったいどうしたらいいのでしょうか?

毛穴さえスッキリきれいになれば、顔色も明るく見えるのでしょうに。

泥を取り入れた洗顔は大変!泥洗顔の恩恵はすごい

泥を利用した洗顔は、泥に含まれるミネラル成分がお肌の栄養となり、しっとりスベスベに洗い上げることができます。

また、泥が汚れを付着して取り去ってくれるので、毛穴の汚れまでもきれいに落とせます。

でも、泥を毎日のスキンケアに取り入れるには、なかなか扱いが難しくたいへんです。

私も以前、お湯でふやかしてお肌に塗る乾燥した泥を洗顔に使ったことがありますが、バスタイム前からお湯に浸けておいたり、しばらくお肌にのせてパックしたのちに洗い流したり、と結構めんどうだったので、すぐにやめてしまいました。

洗い上がりの肌状態には満足していたのですが、洗顔するときも泥のブツブツがお肌を傷つけはしないかと神経を使いましたし、保管時も湿気を吸っていまわないように注意が必要だったので、いろいろたいへんだった、という思いが残っています。

もっと手軽に泥で洗顔できたら、ミネラル成分の恩恵を受け、汚れもスッキリできるのにな、と思います。

どろあわわを知らなくて損した気分に

どろあわわは、しっかり汚れを吸着して落とし、洗顔しながらお肌にうるおいを与えてくれるという泥のいいところをそのまま洗顔料にした製品で、すごく便利だと感じます。

しかも、お肌をしっとりさせる豆乳発酵液やコラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスも配合されているので、まさに洗うスキンケア。

おまけに無香料、無着色、無鉱物油で、安心して使い続けることができるのも嬉しいポイントです。

そして泡立ちが良く、きめ細かな泡で優しく、しかもしっかりと汚れを吸着して洗うことができるので、お肌に傷をつけることもありません。

98%もの人がまた使いたいと感じるのも、とても納得できます。

こんな良い洗顔料が発売されていたのですね。

知らなくて損していたような気分です。

泥のよさを生かしながら、たっぷりの保湿成分を加えて、それでいて扱いやすいどろあわわは、本当に理想的な洗顔料だと思いました。

一度は泥洗顔に挫折した私でも、これなら続けられそうです。

どろあわわで毛穴汚れ落ちた?3人の本音口コミ、洗顔の基本、泡立て方、洗う順番

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする